美剃師検定|シェービングビューティー

お問い合わせはこちら シェイヴィスト
お問い合わせ

美剃師検定 中級本検定

Shave teacher test
  • 美剃師検定 中級
  • 1st Members

心地よさの数値化「実技評定&実力確認」

あなたの「生き抜く力」を証明する。
シェイヴィストとしての課題を突破するたびに進化する自分と出会う。
誰よりも何よりも、より純粋に、学びたいから学ぶ。

︎ ▶心地よさの数値化 中級本検定の詳細はこちらを

︎ ▶実技評定表の詳細はこちらを

※社内資料用

2018年いよいよ、「美剃師検定」中級の幕が上がる!

シェイヴィスト中級検定は「心地よさの数値化」をテーマに開講いたします。
この業界、カットの上手い人はよく聞きますが、シェービングの上手い人とは意外と耳にしません。
そもそもシェービングは触感技術です。
ヘアカットやカラー、パーマなど「形あるもの」を評価する造形技術とは異なり、感触や気持ちよさという「形が無いもの」に価値を見出す技術です。
しかも感じ方は千差万別、人によって評価が分かれます。

ある意味では芸術を評価するのと同じです。
例えるなら、フィギュアスケートの採点のようなのものです。
触感主体の点数の付け方は、確かに難しいのも事実です。

ですから、美しさや綺麗さを評価するにはその価値基準を「普遍的な指標」に置き換える必要があります。
でなければ客観性を保てません。

評価基準は技術の利用者、女性客目線にフォーカス

過去に、シェービングの上手い技術者が事実上スポットが当たらないのも、女性かおそりの上手い理容師が目立って世に輩出されないのも、その評価基準が、技術をする側の論理で内向きに組み立てられてきたからです。

レディースシェービングはこうあるべき・・
触感技術だから人それぞれだ・・
わかっていない人に審査されたくない・・

シェービング技術の評価はこれまで、教える立場からの視認によるところが大きく「手順」「姿勢」「剃刀の持ち方」などが判定に左右されます。
これらはローキャリアには必要なことでしょうが、評価基準の策定そのものが技術の「指導者」に置かれるため一定のキャリアを有する専任者にはモノ足りません。

ASSAが提唱する「美剃師検定:中級」では、シェイヴィストとしての高度な力量と、経験に裏打ちされた真の実力を確認するため、その評価基準を、技術の「利用者」に置きます。
つまり、女性客目線が基準値となるのです。

今のかおそり技術、100点満点中、何点か?

何を以って「上手いシェービング」とするのか、そしてその「上手い技術者」とは。
それはつまり、あなたの技術は、女性客にとって「快か」「不快か」という普遍的な評価軸を持つことで見えてきます。
これは言うならば、理容技術のシェービングのみならず、エステティックやリラクゼーションを含める、美と癒しの触感技術全般にあてはまる価値です。
すると、ベテランも新人も関係なくなります。

「美剃師検定:中級」は、心地よさを数値化することにより、シェイヴィストの持てる実技を、より実践的に評価します。
シェイヴィスト自身が自分と向き合う、実力確認の場です。
要するに、サロンで普段やっているあなたのかおそり技術は、100点満点中、何点か?  それがわかります。

シェイヴィスト一人ひとりに、「洗う」「蒸す」「剃る」「潤す」というシェービング四技能のスコア=個人評定を出します。
これは他の人と比べるものではありません。己を知り、技を深める、学びの発露です。

実技の点数を付けますが、だからといって競技会ではありません。そのような採点方式もとりません。
重要なのは、決して偉ぶらない評価の仕方であること。
「心地よさ」という理容技術の無形資産を真正面からとらえ、一人ひとり異なる感じ方を「数値化する」。
おそらくは誰も踏み入らなかった領域に、次世代型の未来志向で挑みます。

では一体、どのようにやるのか?

美剃師検定:中級本検定の開催要項

  • 日時


    2018年9月10日(月) 全1日
    ※時程は調整中、集合時間、当日スケジュール他、追ってお知らせいたします
  • 会場


    東京会場 都内理美容学校予定
    ※現在最終調整中。決定次第お知らせいたします。
  • 検定内容 (当日実施)


    ・心地よさの実技評定「当日施術チェック」2名を実施
    ・フェイスシェービング技術とカウンセリングの実施
    ・当日は受験者相モデル予定 (当日のモデル用意は不要)
  • 課題内容 (事前実施)


    1.シェービング四技能「実力確認四択式WEBテスト」
    出題全50問を期日までに回答、PC、スマホを使い各自ご自宅で行う (会場で行うペーパテストではありません)
    2.心地よさの実技評定「サロン施術チェック」
    成人女性2名(年齢は問いません)を選出、専用の評定表を使って期日までに技術チェックする (評定表は当日持参)

    ※実技評定は全4名の内、2名を事前にサロンで施術、2名を当日に会場で施術します。
    ※施術は基本メニューのフェイスシェービング (全顔~両耳、アフターケア含、襟剃り無し)時間配分、扱う道具や化粧品、手順はすべて自己判断。
    ※専用のカウンセリングシート、評定表は提供します。サロン施術チェックで活用後、本検定日に持参、提出いただきます。
  • 中級認証基準


    ・評定合計200点満点の内、合計150点以上で認証
    ・シェービング四技能「実力確認四択式WEBテスト」100点満点の内50点以上
    ・心地よさの実技評定「事前と当日計4名の施術チェック」100点満点の内70点以上

    ※認証者には、中級シェイヴィスト認証状の授与、プライベートスコア証書の発行
  • 中級受験対象者


    ・美剃師検定 初級認証シェイヴィストであることが条件
    ・必修講座修了者 (WEB受講含)

    ※認証番号 016001~018150 までの方が対象です
    ※必修講座を未受講の方は、ビジョンアップゼミをWEB受講(視聴)いただきます
  • 受講料


    お1人様32,000円(税込)
    ※実技評定、WEBテスト、必修講座WEB受講、認証状授与、プライペートスコア発行すべて含

※お申込後、詳細を含め受験申込確認書をメールにて通知いたします。
※その後の開催日はWEBにて随時公開。

︎ ▶美剃師検定 初級シェイヴィストの感想レポート
︎︎ ▶ シェイヴィストフォーラム 受講者の感想レポート

お問い合わせ

アメイジングシェイヴィストアカデミア事務局
シェービングビューティー伝道家吉田昌央オフィス

LLC.YOSHIDA PROJECT


TEL.050-5822-8289