活動実績|シェービングビューティ

お問い合わせはこちら シェイヴィスト
お問い合わせ

活動実績

Results

もう、ハサミに固執している
時代ではありません!

かおそりサロンビジネスはこのところ活況です。
ひところに比べると確かにその店舗数は増えました。
専門店もそうですが、サロン内サロンの形で看板を掲げる理容室も積極的です。
今にして増えたと感じる現象は、新たな業態に変化したサービスをお客様が徐々に認めてきた、ということです。
ここで大事なのは、女性客に「お客様が求める形」として認識してもらえるかどうかにつきます。
「この人にならまかせて安心」という、女性かおそりの専門家の信頼もまた不可欠です。

創設エグゼクティブオフィサー

『アメイジングシェイヴィスト・アカデミア/ASSA』(2016~)

『美剃師検定 初級シェイヴィスト』(第一期生2016年9月~随時開講) 『和剃り伝承スクール~Japanese Shaving Beauty~』

▶ 美剃師検定 初級シェイヴィストの感想レポート

経営者セミナー

▶ シェイヴィストフォーラム 開催履歴
▶ シェイヴィストフォーラム 受講者の感想レポート
『メンズグルーミングカレッジ』 横浜にて開催(2017年)
『Ryokurei Shaving Tactics College 2016』東京にて開催 (2016年)
『和剃り業態学~日本文化としてのシェービング~』東京国際フォーラムにて開催 (2015年)
『シェイヴィストフォーラム』東京・千葉にて開催 (2014年〜)
『シェービングビューティ虎の穴』東京国際フォーラムにて開催 (2012年〜)

講師活動

湘南ビューティーカレッジ「サロンフォロー講座」アカデミー講師 (2014年〜)
富山県理容美容専門学校にて日本初の「レディースシェービング科目」非常勤講師、および日本初の「シェービング専科の教科書」監修 (2014年~)
その他、首都圏有数サロンのコンサルティング、全国各地講演会にて鋭意活動中。

製品監修、企画開発

「ビューティーワールドジャパン2016」にて技術デモスト解説
㈱ナボカルコスメティックス『緑麗シェービングジェル』新製品監修 (2016年)
タカラベルモント㈱「ハッピーサロンリニューアル」共同企画 (2014年〜)
『レディースシェービング専用画像素材集DVD』制作監修 (2013年)

書籍

著書『シェービングビューティ~だったら剃るな、でも剃るよ~』文芸社 (2013年)

「レディースシェービング」という言葉は見かけるようになったが、
それが何を意味するのか、どれくらい商機につながるのかをわかっている人はまだ少ない。
女性美の世界から置き去りにされたシェービングが
本来属する理容業界に大きなビジネスチャンスの匂いを嗅ぎとり、
自らシェービングビューティ伝導家を名乗る著者。
理容の宝刀をいかに育て上げるかを論及した理容新ビジネスの指南書。(本帯より抜粋)


▶文芸社よりプリントオンデマンド形式にて発売中

プレスリリース

女性かおそりのソムリエを目指す「美剃師検定」9月11日 東京国際フォーラムにて開催
https://www.atpress.ne.jp/news/131257

日本剃刀を使ったシェービング講座を女性理容師向けに7月24日、有楽町にて開催
https://www.atpress.ne.jp/news/132542

顔剃り専門店の「漆黒の泥剃り」が見られるデモンストレーションを開催!
https://www.atpress.ne.jp/news/123684

シェービング専任に特化した認証制度「美剃師検定」東京国際フォーラムにて開催
https://www.atpress.ne.jp/news/123036

気がつけば“吉田語録”

それを称して何と発するか。
「シェービングビューティー」という女性美の新たな世界観を表すには、
新たな概念を言語化してこそジャンルとして昇華します。

時にサロン経営者へ、時に理容師へ、
またある時は世の女性たちに向けて言い放ってまいりました言葉の数々は、
どれも考えに考え、愛情と魂を込めたもの。

今でこそ各方面で使われ、様々に見聞きするその一言、そのフレーズ、
源流はすべて、伝道家:吉田昌央によるものです。

シェービングサロン宣言

新しい業態を標榜し一歩前に踏み出す理容室の決意表明。
これがあって初めて、ヘアスタイリングサロンとエステティックサロンとの戦略的な棲み分けができ、スイッチが入る。何を主軸にするのかブレずに宣言する。

美剃師シェイヴィスト®

シェービングビューティースペシャリスト、専任者の称号。
シェービング分野で一本立ちする志を持ち、
未来を切り拓く相応の哲学を兼ね備える理容師免許有資格者のこと。
新たな職種、新しい働き方をも指して呼称する。

サロン内サロン

女性専門のシェービングサービスを際立たせるため、
サロンの中にもう一つサロンを設ける発想法。
そこに「もう一つの屋号」を冠することで大胆な試みが可能となる。
ヘアサロンでありがちな「ついで扱い」の立場を変換する際に有効。

シェービングゾーン

どこをどこまで剃ってくれるの?
シェービング施術の緻密さを部位別に表示する考え方。
顔面なら額、眉、まぶた、目元、眉間、頬、鼻筋、もみ上げなど、
背中や腕も含めると細やかなアイコン表記があるとより親切。
意外とできていない店舗が多い。

シェーブアップ

日常的に女性がシェービングを愉しむ様子を総じて。
「レディースシェービング」では説明文句であり業界ナイズされた言葉。
今後、多くの女性層に習慣として浸透させるには表現の刷新は不可欠。
「店剃り」に限らず「家剃り」もその概念に入る。

黒い髪、黒い瞳の日本人女性

メイドインジャパン、ジャパンビューティ―を象徴するワンフレーズ。
白さに畏敬の念を持つ日本女性ならではの美意識であり、
うぶ毛を剃ることへの文化的な背景を内包する。
昨今、専門店に多く使われるこの一文、実は2004年に発表したものが伝播した。

うなじ美人、襟足のネープシェービング

いわゆる技術的にはネックシェーブも、
意義と価値を両立すれば「値がつく」逸品技術へと変貌する。
それまで業界内では「見逃していた技術」を吸い上げ、
先鞭をつけて2000年にメニュー発表。
自己処理では難しいと判るや、今では何処のサロンでも定番化。

日常使いと特別使い

女性客のシェービングに対するスタンスの違い。
常時肌やメイクを気遣い、定期的に毛を剃る女性がいれば、
ブライダル挙式前や卒業・入学式などセレモニー前の通過儀礼として
毛を剃る女性もいる。
顧客を一義的に括るより双方の心理を理解する。

ハーフアーム、セミアーム、フルアーム

腕の施術を、肩を起点に区分して呼称。肘までをハーフ、手首までをセミ、
手の甲指先に至るまでをフル、範囲別に韻を踏む。
ブライダルなど肌露出には、腕のシェービングは俄然要望が高い。
わかりやすいイメージには程よい。

イヤリングゾーン

要するに耳を剃る範囲。「耳剃り」では芸がない。
女性美には優雅な期待感が欲しいところ。
シェービングゾーンとは独自に命名することで彩りが増す。
他にもスマイルゾーン=顔上段、リップゾーン=顔下段、
エレガントゾーン=首下からデコルテ、など様々。

美人3曲線

- エンジェルライン、オメガライン、キャミライン -

女性のためのシェービングを語る上で
「髪際の始末を美しく」することが欠かせない。
襟足から首すじに沿うラインを天使の羽に見立て「エンジェル」、
額からもみ上げにかけてΩ状の髪の生え際を「オメガ」、
キャミソールで露出する肩から背中上段を「キャミ」、どれもが曲線美を描く。
毛の濃淡が仕上がりに影響する施術の要所。

和剃り

古の道具をリファインさせ、次世代型日本剃刀による
最上級のジャパニーズシェービングビューティー。
サロンの設え、サービスの姿勢、すべてが和のテイストに仕立てる取り組み。
また「点てる・淹れる・愛でる」脱作業の様式美を取り入れたお点前技術を是とし、滞在型の質高さを提唱するコンセプトサロンの代表格。

ラザーフレーバー

シェービングプレケアの泡立てラザーリングに、
美容商材や美的食材など独自に調合=フレーバーして振る舞う
アレンジメントの一つ。
多種多彩なフレーバーが考案できると同時にサロンオリジナルの金看板にもなる。
柔軟な発想力が試される。

漆黒の泥剃り

- シェービングリゾートベルーガ 千葉県 -

死海ミネラルの天然泥をフレーバーした「泥の泡」によるシェービング。
天然由来の泥が素肌に上質な潤いを与えることで剃るほどにみずみずしくなる。
千葉県佐倉市のサロンが研究開発、2012年に技術ブランドを確立。
【HP】https://www.beluga-shaving.com/ 【ホットペッパー】https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000336162/

純酵素剃り

- ルミエール 埼玉県 -

酵素の美容商材をラザーフレーバーした、
光輝く素肌美を追求したオリジナル技法。
本場ドイツ製の洋カミソリ=本レーザーを駆使するこだわりのシェービングは、
滑らかで麗しい剃り心地を実現。
埼玉県ふじみ市の地域密着型サロンが編み出す。
【HP】https://www.ururu-shaving.com/salon/lumiere/

天然泥の生泡シェービング

- ラディア 神奈川県 -

天然泥の生石鹸によるコシの強い生泡ホイップでシェービング。
神奈川県厚木市の女性技術者お1人の「一馬力サロン」でありながら、
今や年間1,000名以上の女性客が行列をなす人気店。
老舗理容室の跡継ぎ世代が女性顔剃り部門で経営革新を果たした好例モデル。
【HP】https://lara-ladies-ichibangai.com/

シェービングマエストロ

- シェービングマエストロINIUE 東京都 -

「女性のための男性理容師によるブライダルシェービング」
をカタチにした創業80有余年の高級理容室。
執事然たる男のキャリアを前面に、
経験豊富なベテラン技術者による安定感のあるシェービングを心がける。
メンズシェイヴィストのお手本。
【HP】http://www.barber-inoue.com/

理容家

- 田村友佳子 -

世間には「美容」を冠する研究家は数多いるが、
「理容家」を名乗り語れる女性理容師は世界唯一。
美剃師シェイヴィストとして技術に精通する、
伝道家:吉田のベストパートナーでもある。
理容学校「レディースシェービング科」講師も務める。
【HP】http://poppo-style.com/

滞在型オーベルジュサロン

時間に追われない、従業員に頼らない、常識に捉われない、新しいサロンモデル。
従来の回転率を高める営業形態を脱却して、一客に対して惜しみない時間をかけ、滞在価値を謳い、質を高める。
商業施設に入る大手サロンよりも小型サロンに適する高単価路線。

ダメージシェービング

意外と知らない肌にダメージを与える剃り方。
シェービングは本来肌を傷めるものではない。
一般的な女性は皆、我流で毛を剃るため、
肌を傷める剃り方を知らずに行っていることが問題。
例えば、安価なカミソリで剃る、シェーバーを洗わない、直剃りをするなど、
通称「ダメ剃り」は日常生活のいたるところに潜む。

スイートシェービング

男性エステティシャンは海外では高級サービスの部類に属するように、
全員イケメンシェイヴィストを配置してエスコートする、
少々奇策だが「ありそうでない」シェービング。
女性客には女性スタッフ以上の心遣いを徹底する、
とろけるようなおもてなしに努める。

シェービングの定義

プロフェッショナルのシェービングとは、
肌をいささかも傷めることなく剃刀を用いて滑るように体毛を切ることである
サロンでは至極あたり前に行っている普段の技術も、改めて言語化すると「剃る」とは何かを再認識できる。理容師なら素通りするな。

だったら剃るな、でも剃るよ

世の中の美の風潮はまだまだシェービングに懐疑的で「だったら剃るな」となる。
しかし、シェービングに携わる者の見解は「それでも剃るよ、キレイで正しく剃るよ」真正面から言い切る強さがあって然るべき。
唯一無二の技能を持てる矜持として肝に命じたい。